たまりば

  立川市 立川市

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局. at

くにたち天下市vs.こくぶんじまつり

週末連続で行ってきました。くにたち天下市&こくぶんじまつり。

混雑が苦手なので、お祭り系には昔はさほど行きませんでしたが、
子供はやっぱりお祭り好きですね。お祭りがある、と聞くと行きたがります。


さて、土曜日の天下市、昔から混雑で有名なので、朝一で行ってきましたが、
それでもすでに人出がいっぱい。たくさんの人たちで歩道はごった返し。
人気店にはすでに列が出来て人が立ち並んでいました。
炭火納豆で有名な小山商店のがんもどきを買ったり、
ノイフランクの焼きソーセージを買い食いしたり、やっぱり天下市といえば
人気店の食チェックが楽しい! 一橋大学の学園祭にも立ち寄りながら、
ぷらぷら歩いていると、リビング同僚ライターさん&営業さんにバッタリ!
うん、みんなしっかりチェックしていますね、天下市。



一方で日曜日は武蔵国分寺公園で開催のこくぶんじまつりへ。
こちらは天下市とは違って、お店というよりは地元自治体関連の団体やNPO
など非営利の出展者が多く、のんびりとした感じでやっています。
人出はたくさんありましたが、公園ということもあり、木陰の芝生の上で休んでいたり、
全体的にリラックスモード。スーパーボールや金魚すくいで子供たちは楽しみ、
お祭りも終盤にさしかかると、野菜の無料配布に大勢が並んでいたりしました。

結果、くにたち天下市&こくぶんじまつり、ともにとても楽しかったのですが、
小さい子連れファミリーの観点からは、混雑具合が少なく、比較的単価が低く楽しめる
こくぶんじまつりの方が若干行きやすいかも?

どちらも毎年日がぶつかっていますので、一方だけにしか行ったことがない、
と言う人は一度両方に顔を出してみませんか?

編集部 フジハラ  


  • Posted by リビング多摩編集部. at 2012年11月06日12:00

    パンジー祭り

    秋祭りシーズンですね。あちこちでお祭りやらイベントが開催されていますが、
    日々の所用に追われなかなか行くことができずにいます。

    と思っていたところ、ご近所国分寺市内で「パンジー祭り」なるもののチラシ発見!
    空き時間を見計らって子供たちを連れて行ったところ、市内の農家さん(?)が
    パンジーの直販を始め、それはそれはたくさんのパンジーを売り出していました。
    さすが「植木の町 こくぶんじ」(だったかな?)。
    パンジー以外は、ブルーベリーのジャムやぎんなんが売られていたり、そして子供たち
    が喜んでいたのは、焼き芋! おじさんがお芋を次々と焼いて、無料で食べきれないほど
    たくさん配ってくれました。さらにパンジーを買うとお土産にさつまいもを一袋どっさり
    くださり、なんだか地元愛いっぱいのイベントでした。

    今週末は国立の天下市やこくぶんじ祭りもあるし、のぞきに行けるかな?
    のぞけたらまた報告します。

    編集部 フジハラ  


  • Posted by リビング多摩編集部. at 2012年11月01日15:23

    八王子発ゆるキャラ たき坊!

    今年も全国一を決めるゆるキャラ人気投票「ゆるキャラグランプリ2012」が開催されていますね!
    「ゆるキャラグランプリ」は全国の町おこしのためにがんばっている、「ゆるかわいい」キャラクターたちが一同に会し、人気投票を行うイベント。
    エントリーされたゆるキャラたちの中からお気に入りのキャラを投票することができます。
    現在投票期間中、締め切りは11/06(金)まで。

    ゆるキャラグランプリHP、投票はこちらから↓
    http://yurugp.jp/index.php

    私のオススメはなんと言っても八王子のご当地キャラクターicon12たき坊icon12
    なんでも昨年「八王子のゆるキャラを作ろう会」が考案した生まれたてほやほやのゆるキャラなのだとか。
    愛らしい姿に思わず応援したくなっちゃいました。
    がんばれ!たき坊!

    たき坊についてはこちら↓
    http://www.takibou.jp/

    編集部
    わたなべかよ
      


  • Posted by リビング多摩編集部. at 2012年10月25日10:35

    箱根駅伝予選会

    土曜日に立川で行われた箱根駅伝の予選、皆さんご覧になりましたか?
    私は家のTVで一部見ましたが、馴染み深い立川の風景の中
    走り抜ける選手達を見るのはなかなか新鮮でした。
    自衛隊駐屯基地からスタート、芋窪街道やすずかけ通り、
    そして昭和記念公園でゴールイン。
    子どももTVを見ながら、もしかしてここっていつも通っているあそこ?
    と興味深深。
    TVではいつも見慣れた都内の風景とはまた違って、
    地元感いっぱいだと、スポーツにさして関心ない私もついつい見てしまいました。
    本番は来年お正月。

    出場決定した大学の皆さん、がんばってください!


    編集部 フジハラ


      


  • Posted by リビング多摩編集部. at 2012年10月23日11:00

    タジン鍋 登場!

    我が家にもついにicon12タジン鍋icon12がやってきました!
    先日、新人歓迎会の折にもらったものです。



    このタジン鍋はどうやら電子レンジ専用の様子。
    何を作ろうかな?
    考えた末、基本の「もやし」料理を作ってみることに。

    作り方 
     ①もやし一袋をタジン鍋に入れる
     ②ツナ缶を一個分を入れ、混ぜる
     ③蓋をしてレンジでチン♪
     ④好みのドレッシングをかける
     ⑤お好みでパセリをトッピング


    出来上がったらそのまま食卓に出せるのも良いですね。
    蒸し焼きにするためか、火の通り加減が絶妙で歯ごたえも抜群。
    シャッキリ仕上がっていました。

    今までなかなか手が出なかったタジン鍋
    これからとっても重宝しそうです。
    他にもいろんな料理を試してみようと思いました。

    編集部
    わたなべかよ
      


  • Posted by リビング多摩編集部. at 2012年10月18日13:56

    東京タワー詣で



    東京が舞台の一つとして描かれているディズニーアニメ「カーズ2」を観て以来、
    「東京タワー」に関心をもった3歳の息子。
    近所の鉄塔を見ては「とうきょうタワーだ!」と言うので、
    ホンモノを見せてあげようと先日久しぶりに東京タワーに行ってきた。

    週末はスカイツリー効果で東京タワーも大混雑で、たくさんの人でごった返し。
    今となってはレトロ感あふれる東京タワー。あちこちリニューアルを続けているものの、
    蝋人形館は相変わらずで、あちこち“バリア有り”階段を上り下りしないと
    どこへも行けず…。展望台に上るエレベーターは狭く、途中でガタンとこわれそうな音が
    一度したりと、昭和な感じ。
    高いビルが増えた今となっては、タワーもさほどの高さを感じず、ひたすらなつかしい。
    息子も満足してよかった。

    もうちょっと空いていたらいいんだけど。

    編集部・フジハラ  


  • Posted by リビング多摩編集部. at 2012年10月16日10:00

    磯沼牧場直営店オープン

    八王子市民の編集部・おおいけです。

    10月25日は何の日か知っていますか?
    実は、私の誕生日なんですicon_bikkuri2

    いえいえ、それだけではありません。
    その日は八王子の駅ビル「CEREO八王子」のオープンの日なんですface02

    その「CEREO八王子」北館に、八王子ブランド、磯村牧場の直営店がオープン!
    そして「ヴェールの丘」もオープン!!
    八王子市民としては嬉しい限りです。

    あと、個人的には「坂角総本店」が入るのが嬉しいです。おいしいんですよ、ここのお煎餅。

    それと「ローラアシュレイ」も嬉しい。
    最近、店舗が少なくなって、淋しい限りだったので。

    ということで10/25をお忘れなく!
      


  • Posted by リビング多摩編集部. at 2012年10月14日23:01

    東京ピクニック@昭和記念公園



    秋晴れの月曜日、運動不足の解消のために、サイクリングをしながら昭和記念公園
    に向かった我が家、図らずもそこで行われていたイベント
    「東京ピクニック」の“日本一のいただきます”に居合わせることに。

    会場中央に集合した参加者一堂を写真に収めるというこのプロジェクト、
    天気が良いこともあってたくさんの人たちが写真撮影にも参加していました。

    わが家の面々は…というと、食いしん坊ばかりなので、フード系のお店で
    並んでいたり、または食べるのに夢中だったりと、会場中央に移動する意欲
    のある者はゼロicon11で、
    写真には入りませんでしたが、イベントは大盛況で、フード系のお店は長打の列。

    今は東京緑化フェア期間中。昭和記念公園のみならず、都内のあちことの公園で
    たくさんのイベントが行われているようなので、皆さんぜひチェックを!

    編集部 フジハラ  


  • Posted by リビング多摩編集部. at 2012年10月09日20:10

    みつばちハッチならぬホッチ

    編集部フジハラです。

    国分寺市の公式キャラが決まったそうです。
    地元のタツノコプロに制作を頼んで誕生したのが、
    みつばちハッチならぬ、“ぶんじほたる ホッチ”
    緑・水・光をイメージして決められたというこちらのキャラ。
    公式キャラだけに、ゆるキャラ大会(?)でも上位に食い込んだ非公式キャラ“にしこくん”とはだいぶタッチが違いますね。

    あちこちで地元キャラが誕生していますが、
    そのうちどの程度が認知度を広め、将来に渡って長く定着するのかちょっと興味があります。
    世界中みんなこんなに町キャラがいるのか、日本独自の現象なのかとか、
    キャラから文化的・社会的特色も分析できそう、なんて思う今日この頃です。  


  • Posted by リビング多摩編集部. at 2012年09月25日11:44

    東京都立多摩総合医療センター

    先日息子が額に8針縫う大怪我をして、
    多摩ERに駆け込んで行きました。

    府中病院が「東京都立多摩総合医療センター」に生まれ変わって2年。
    小児総合医療センターも併設され、地域市民には心強い限り。

    といっても、出来れば病院にはお世話になりたくないもの。
    幸運なことに、私も普段はあまり縁はなく、
    娘が昔熱性けいれんで救急車で運ばれて以来5年ぶりくらい。
    病院の前を通りかかり、新しくなっていたことは認識はしていたものの、
    すっかり現代的な病院に生まれ変わったのにびっくり!

    院内にはコンビニやカフェが立ち並び、小児医療センターの辺りには
    かわいいどんぐり型のイスやテーブルが置かれていたりと、心が和むインテリア。
    病院通いに慣れている両親によれば、いまどき受け付けがリモコンで呼び出されたり
    するのはフツウらしいですが、それも私は初めてで、色々新鮮。
    病気や怪我のときはただでさえ心細いものですが、病院がキレイに整備
    されていると、それだけでも少し落ち着きますね。

    駐車場が大変混雑していることが多いのが難点ですが、
    こうした大きな総合病院が近所にあるのはとてもありがたいと改めて思いました。

      


  • Posted by リビング多摩編集部. at 2012年09月11日10:00

    多摩っ子の夏休み

    新学期もいよいよスタート。
    夏休みの思い出をいっぱい抱えて、子ども達も学校に戻りました。

    今年こそは海外に行こうと目論んでいたのに、
    残念ながら間に合わなかったわが家、国内を転々としながらこの夏は過ごしました。

    多摩っ子としていつも思うのは、
    山方面に遊びに行くのは近くて便利だなぁということ。
    夏の高速道路の渋滞も、多摩からなら我慢できます。
    逆に海方面は普段見ないだけに憧れは強いものの、心理的にも遠いです。

    ってことで、夏休み最終日は三浦半島に遊びに行ってきました。
    久しぶりに訪ねた油壺で、水族館にも立ち寄ってみました。



    海を見慣れないうちの子ども達、いまだ川と湖と海の区別がきちんとついているのか心配icon11

    皆さんはどんな夏休みを過ごされましたか?  


  • Posted by リビング多摩編集部. at 2012年09月04日20:00

    多摩地域で“日本”を満喫するなら…

    もっぱらNY在住の親戚たちと遊び倒しているこの夏。
    ご近所で、子ども達を連れて喜ぶところはどこだろうと色々思案してみるものの、
    結局これまでのところ喜んだのは下記2店。

    まずは「くら寿司」。
    寿司屋はNYにもいくらでもあるとはいえ、
    まだ高い、もしくはまずい、そして日本のように工夫を凝らした回転寿司店はもの珍しく、
    アミューズメントとして大喜びしてくれる。
    液晶パネルでの発注や注文レーン、さらにゲームが始まりガチャガチャが当たるなど、
    何とも日本らしい発想。

    次に「大戸屋」。「大戸屋」はマンハッタンにも進出しているそうだが、
    1食18㌦ほどからで、お値段は高め。それでもいつも長蛇の列で入ったことがなかった
    という子ども達、初めての「大戸屋」に大はしゃぎ!

    ということで、多摩地域で外国人や在外邦人をおもてなししたいときは、
    あまり奇をてらったものを考えず、地元のこうしたお店に連れて行けば喜んでもらえそう。
    お財布にやさしいのもうれしいところ。

    編集部 フジハラ  


  • Posted by リビング多摩編集部. at 2012年08月14日11:00

    スターウォーズ箸

    毎年、夏休みに一時帰国する甥っ子たちへの日本のお土産探しに苦労しています。
    これだけ世界中の流通が滞りなく、ネットで何でも手に入る時代になると、
    その土地ならではのもの、というのが少なくなりますね。

    そこで最近は、手には入っても海外だと高い、またはなかなか目にしないものを
    なるべく探しています。

    そんなお土産探しの一環で見つけたのがこの“スターウォーズお箸”
    お箸がライトセーバーの形になっていて、ダース・ベイダーやルーク、ヨーダ版と種類も豊富。
    ヨーダのは、ヨーダが使えるようにちょっと短めとか?
    スターウォーズ好きの甥っ子のみならず、
    (歳バレますが)スターウォーズと育ってきた私の心を射止めました。

    さらに調べてみると、こちらは立川市曙町の「KOTOBUKIYA」という会社が作っているようで、
    意外なことにご近所さんでした! 海外展開もしっかりされているようですね。

    ジブリやタツノコプロのみならず、世界にどんどん文化を発信する多摩地域になって欲しい!

    編集部 フジハラ
      


  • Posted by リビング多摩編集部. at 2012年08月07日10:00

    「夜のとばりの物語」上映会&ジブリ美術館館長トーク

    7/26(木)、リビング多摩夏休み親子ワクワク企画「"夜のとばりの物語"上映会&ジブリ美術館館長トーク」が立川の「シネマ2」で開催されました。


    当日は、朝早くから親子連れや熱心なアニメファンが来場。


    リビング多摩 石河編集長の挨拶のあと、上映会が始まりました。

    「夜のとばりの物語」は、「キリクと魔女」「アズールとアスマール」など、エキゾチックな舞台で愛をテーマにしたアニメーションで知られるミシェル・オスロ監督の新作。
    中世ヨーロッパ、カリブ、アフリカ、南米、ヒマラヤなど、時代や地域を超えた美しい愛の物語6編を影絵で描き出しています。


    色彩と音楽が美しく、顔の表情は基本的に目だけなのにも関わらず、実に表情豊かな作品の魅力を満喫しました。


    上映会のあとは、配給元の三鷹の森ジブリ美術館館長の中島清文館さんによるトークショーが催され、同作配給のいきさつやジブリ美術館の活動などについてお話ししていただきました。


    元々は銀行員だった中島さんがアニメに関わるようになったわけや、ジブリ美術館でしか見られない作品の話、宮崎駿さんのことなど、ここでしか聞けない貴重なお話をたくさん聞かせていただきました。

    編集部・おおいけ  


  • Posted by リビング多摩編集部. at 2012年08月01日12:33

    スクエアダンスって知ってますか?

    「スクエアダンス」をご存知ですか?

    スクエアダンスは、アメリカのフォークダンスの一種で、基本的に男女のカップルが4組、つまり8人で1セットという単位を作って四角い隊形から踊り始めます。
    他のダンスとの違いは、ダンサーに動きの動きの指示(この指示をコールという)を出す「コーラー」の存在です。
    カントリー&ウエスタンの音楽で踊るダンサーは、コーラーの指示(コール)で、動いたり、振り向いたり、回ったりして最終的にもとのポジションに戻ってきます。
    つまりダンサーは、あらかじめ踊りの順番を覚えておく必要がないのです。

    そのかわり、あらかじめ約50種の動きをマスターしておく必要があります。
    これが、「スクエアダンス」のいちばんたいへんなところです。
    そして、コーラーの指示でサッと動かなければなりません。
    ちょうど「赤あげて、白あげて」の「旗揚げゲーム」みたいな感じです。

    でも、一度50種の動きをマスターしてしまえば、アメリカはもちろん、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アジアではフィリピンや台湾、中国などでも踊られている国際的なダンスなので、世界の人と踊れるのだそうでうです。

    先日、知り合いの紹介で、都内のスクエアダンスクラブを見学してきました。
    パーティーみたいな雰囲気で、みなさんとても楽しそうでした。




    多摩にもスクエアダンスのクラブはあるのかなと思って探してみたら、八王子、稲城、東村山などにクラブがあるようです。

    スクエアダンス人口は、日本全国で1万5000人くらいだそうです。
    ちょっと変わったダンスをやりたい人は、チャレンジしてみてはいかがですか?

    編集部・おおいけ
      


  • Posted by リビング多摩編集部. at 2012年07月24日23:52

    プリンスアイスワールド初鑑賞

     先週の金曜日、東伏見のアイスアリーナで行われた「プリンスアイスワールド 2012」に初めて行ってきました。フィギュアはテレビで見るのは好きでも、実際に行くのは初めて。長年行き続けている同僚ライター・ワタナベさんから事前に情報を色々聞いてはいたのですが、“百聞は一見に如かず”、世界の一流スケーターたちが目の前で滑走する姿は感動モノでした。

     荒川静香に安藤美姫や村上佳菜子など、テレビでもおなじみのそうそうたるスケーターたちの演技。中でも私が事前情報をもらっておきながら、圧倒されたのはやっぱりプルシェンコ。彼がリンクに登場したときの観客のどよめき、観客席に掲げられる無数のロシアの旗にまずはビックリでしたが、熟練した技とともに旺盛なサービス精神でショーを盛り上げる、その一流スケーターが一流たる所以、が理解できた気がちょっとします。



     最後には花束贈呈&写真撮影。娘は人込みの中、何とか荒川静香さんにお花を手渡して握手をしてもらいました。プルシェンコは、といえば、たくさんの熱心なファンに次々と花束やプレゼントを渡され、逐一対応しているためになかなか前へ進みません。

     たくさんのファンから写真撮影や握手をせがまれ、笑顔で対応しているスケーターたちを目にして、心底えらいなぁと感心しました。再来年の冬季オリンピック、楽しみにすることにします!

    編集部 フジハラ  


  • Posted by リビング多摩編集部. at 2012年07月17日10:00

    西八王子のイケメンが「GTO」に!

    昨年3/19付リビング多摩掲載の「地元のお店のイケメン」特集、
    覚えていますか?

    この記事の中でご紹介した 西八王子の「クレープアン」で働く塩野瑛久(あきひさ)さんが
    1万人を超える応募者のなかから、「 第24回ジュノンスーパーボーイ・コンテスト」で
    審査員特別賞とAOKI賞を獲得したのは、ブログで既報のとおり。

    現在、塩野さんは、オスカープロモーションに所属し、「笑っていいとも」に出演するなど、
    徐々に活躍の場を広げています。

    その塩野さんが、7/3から始まったフジテレビ系ドラマ「GTO」に、明修学苑2年4組の生徒役で
    レギュラー出演!

    お父さんの経営するクレープ屋さんを手伝いながら、夢に向かって頑張る塩野さんを
    多摩のみなさんも、ぜひ、応援してあげてくださいね。

    塩野さんのオフィシャルブログはこちら

      


  • Posted by リビング多摩編集部. at 2012年07月13日11:57

    武蔵国分寺公園



     休日の武蔵国分寺公園。水場でのんびり鴨や鯉が泳ぐのを眺めながらベンチでのんびりしている人もいれば、新聞を読んでいたり、傍らでジョギングしていたり、芝生の上でサッカーをしていたりします。人出も特に多くなく、本当にゆったりと過ごせる地元の公園、といった感じです。子どもの遊具がないのも、ある意味良くて、子どもたちがそれぞれ自由に楽しそうに広々とした場所で遊んでいます。


     このシーズン特におすすめなのが、霧の噴水。時折霧が出てくるこの噴水に小さい子どもたちは大喜び。夏なると、水遊びができる近場の公園に駆り出されることが多くなりますが、着替えやらタオルやら準備を忘れると結構大変なことに。その点、霧の噴水は少し濡れてもすぐ乾く程度だし、暑い屋外で遊ぶ気合もなく、準備も入念にしたくない私のような怠け者にとってはうれしい限り。なかなかいい公園です。


    編集部 フジハラ  


  • Posted by リビング多摩編集部. at 2012年07月03日10:00

    プチレジャー@ベネッセ スタードーム

    最近忙しくて土日も出かけられず、不満がたまりがちの子どもたち。先週末も忙しくて遊びらしい遊びができず、ストレスをためていたので、予定の合間を縫って多摩センターのプラネタリウム「ベネッセ スタードーム」へ行って来ました。



    ベネッセの東京本部最上階にあるこちらのプラネタリウム。オフィスビルの中を入って、エレベーターで最上階へ向かいます。日中は同社の代表キャラ「しまじろう」の物語を上映しているので、お客さんは幼児連れ家族ばかり。待合室からの眺めはとても良くて、しまじろうの教材などが展示されています。



    プラネタリウムは小さなものですが、中はとてもキレイ。クーラーの効いたほどよく暗い空間の中で、ゆったりリクライニングできる椅子の心地良さに誘われ、早速いびきをかいているお疲れ気味のパパも…。子どもたちの興味を研究し尽くしたベネッセだけに、物語も子どもが興味を持てるように作られているのか、上映中騒いだりする子も誰もいなくて感心。

    上映後、子どもたちに感想を聞くと「楽しかった」とのことで大満足の模様。親としても、あのしまじろうを製作している会社のオフィスの雰囲気や、最上階からの眺望を楽しみながら、混雑なく、快適な空間の中で過ごすことができて、思いのほか満足感がありました。

    小さい子持ちにはおすすめの、遠出せずに楽しめる、安くて、疲れないレジャーです。

    編集部 フジハラ  


  • Posted by リビング多摩編集部. at 2012年06月26日10:00

    大西暢夫さんの被災地報告会と「水になった村」上映会

    仕事や育児など、目の前のことにばかりとらわれて、日々あまり深く考えることもなく毎日を流してしまっている私に、友人から
    <写真家・映画監督 大西暢夫さんの被災地報告会と「水になった村」上映会 >のお誘いが届きました。

     写真家・映画監督・作家・記者として活躍する大西さんによる、忘れ去られつつある被災地の報告、そして岐阜県徳山村でのダム建設によって変わりゆく住民たちの暮らしに寄り添った15年の記録をまとめたドキュメンタリー映画「水になった村」の上映が、7月8日(日)に三鷹で行われるそうです。時代や背景は違えども、被写体の声を丁寧に聞き続けることでカタチにした作品にきっと心が打たれるはず…。

     3月には立川のパン屋さん「ゼルコバ」で行われ、好評を得たこちらのイベント。もっと多くの人たちに見てもらいたいと立ち上がった有志が、熱い想いで企画しました。

     当日は小さなマーケットも開催されるそうです。
    詳しくはこちらのホームページで。

    編集部 フジハラ  


  • Posted by リビング多摩編集部. at 2012年06月21日10:00